事務所を こじらせて 死ぬ

なんとか 余生。(twitterは_ke_ek_)

割と本気で天使をやめないで

 モテないし、このままオタクをこじらせて死ぬんじゃないかな。

 

そう思ったので、2016年新春にブログを始めました。徒然なるままに日暮し、咳をしても独りの事務所用備忘録です。
 
 
ーーーーーーーーーー
 
 
最近、相方ができました。
あの、オタク的な意味の相方です。
 
相方と言っても、俗にいうリア友、小学校時代からの知人が嵐堕ちしたという話です。相方って名乗っていいのは愛のかたまり歌ってるあの2人くらいですよ。カウコンでpure歌ったときは床叩きました。あのドラマ大好きだったんです。私の好きなドラマ歴代5位に入ってます本当にありがとうございました一生年末で良かったのに…
 
話は戻りますが、ずっと事務所の奴隷だったのに、15年間、嵐に見向きもしなかった知人。何があったのかは知りませんが、最近、和也にキャーキャー言いながら翔君にベタ惚れしてた矢先、アリーナツアーの発表でしたからね。重い腰を上げてどころか、発表翌朝に郵便局に手書きの入金書を握りしめて走ってってました。
 
はは、ざまあみろですよ。 ※大変喜んでいます
 
こうしてツアーの倍率が更に上がるんだなーって自分の首を真綿でじわりじわりと締めながら、アリーナツアーが当たったらという話をしています。
 
ちなみに知人とはツアー発表された数時間後に連絡を取り合ったんですが、お互いにどの会場が最も適しているのか、日曜の終電は何時で翌日の会社に間に合うにはどう帰るのかを黙々と調べていて、あっ気持ち悪いな〜!って微笑み合いました。
 
コンサートは結果が出るまでが一番楽しいです。当落はね、年末ジャンボみたいなものですから。ツアーの日程と会場出たら、スケジュール帳に書き込むんです。5色のペンとか使っちゃってね。当たってもいないのに。交通手段をネットで検索するんですよ。当たってもいないのに。会場近場のホテルも探すんです。当たってもいないのに。仕事の関係でね、行くのが難しい日とか、なんとかこじ開けようとするんですよね。当たったときのために。
 
未来の話をしていて、「根拠のない前向きな想像をする」って、現代社会、簡単なものではないから、こういうところに気が付くと、ああー…ってします。まだ明るい未来が描ける安堵の気持ちです。
 
2016年は諸々考えて、言葉にする年にしたいと思っています。でもカウコン見てて思うんですが、もう極まっちゃうと言葉にならないんですよね。もうこれだからオタクは非生産で退廃的なんです。これだからオタクはもう。人間辞めたいです。もしくはヒモになりたいです。ちなみに、5人の中でヒモにしたいのはマサキくん、ヒモになりたいのは和也くんです。
 
何卒、よろしくお願い申し上げます。