事務所を こじらせて 死ぬ

なんとか 余生。

「untitle」感想

大野担目線の「嵐アルバムuntitle聞き終わった&メイキング見終わった記念感想メモ」だよ。メモっていうよりもポエム。なんてったってオタクだからさ。学生時代に読書感想文書いたんだけどポエムって言われて、何が違うんすか?って聞いたら自分に酔ってるって指摘されたの思い出した。酔ってるんじゃないよ、酔わせてもらってんだよ。いつも酔ってるのは酒くらいだよへへへアルコールサイコー。

今回のアルバムについて最も特筆すべきなのは、やっぱりね、そうだよね、しんどいね、未練だね。って氷川きよしも言うように、これしかないよね、【コンビ曲】。ソロが出ないことに対しては、「あっら〜…(神的な意味で)」って感じで何の疑問も持つことなく納得した。今回のコンビトリオ演出については、嵐はアイドルとして王道のルートから外れることはなくても、ファンの不意を突くようなアクションを今までも起こしてきたので、その一つなんだろうなと納得した。本当だよ。オタク異論ないよ。しかし私は大野担なので、自担のソロがないのは死に値するほど寂しい。ステージの上にたった一人で立つ大野さんの姿は、この世にある言葉をかき集めても形容できなくて、それを見ることは大野担にとっての最大の幸せで、生きがいで、生存理由だからさ。それと、毎年変わらず重力を感じさせない、人を辞めた姿を見て「今年も自担は人間じゃなかった、背中に羽が生えてた」って言いたかったんだよね。分かってても言葉にしたい。でも、おそらくその姿を見たいのはファンであって、本人はソロ以上に大事にするものがあって、の、この選択なのだろうからっ、オタ、オタクはっ、いつかまたソロ、っを踊っでぐれだらなあぁぁっで祈っでず、ずっどずっど待っでまずねえぇぇ………っ……………………………………………………!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

何だかんだ言いつつ今回のトリオ曲を歌う自担が楽しそうなので、幸せならオッケーです。

あと私は翔潤が性癖だから、今回の翔潤コンビ曲「Come Back」が自動体外式除細動器になってくれた。この先私が心肺停止になったら、胸毛剃ってからCDのDisc1と2を胸と肋骨に当てて再生ボタン押してくれよな。

ユニット曲関連で、心痛くて白目剥いた一番の言葉は、にのの「ファンにとってユニットが目当ての人じゃなかったら」。

さすが私たちポエマーの始祖。itは経典。この言葉を聞いた時にさっくり刺さったのは、私がまさにユニットが目当てじゃなかった人からだね。自担と誰か、というユニットを期待してて、そうではなかった落胆を言い当てられてしまった。私は自担以外どうだっていいというファン心理を汚いと思っていて(口にするしないは別として)、アイドルにはその汚い声を聞いて欲しくない。だから指摘が心痛いと思うわけだし、応援しているグループのアイドル本人から言われるから尚更だ。嵐全員がそのファン心理を理解していても言わないところをあえて言葉にするにのは本当にギルティ。私の中のアイドル理想像は、今回みたいな場合は「お目当ての人じゃなくても、ファンのことを虜にしてみせるよ(バッチーンウインク)」だから真逆の存在だよ。理想を超えてくる現実のにの本当にたまらんすこ。

ここまでが前書き。以下本題。今回のアルバム収録曲私ベスト5。

NO1 つなぐ

仕方ない。これは致し方ないよ、だって私、劇場で忍びの国見てるんだもの。見てない人にこの劇中歌を説明するとしたらタイタニックにおける「My Heart Will Go On」なんだよ。ジャックとローズが夕闇迫るタイタニック号の先端で鳥になるように、無門とお国が先のない伊賀の国で「楽園を夢見た 消えないでlove」するんだよ。私のアルバムナンバーワン曲どころか全米でもナンバーワンだよ。ハリウッドでMUMON(忍びの国の海外での放映時タイトル)してるんだからこれを事実って言っても間違いないよね。日本語分からない人間がMUMON見た最後に流れるこの「つなぐ」、劇場では歌詞の意味が分からなかったけど家帰ってグーグル翻訳で調べたらぴったりすぎてキーボードクラッシャーしかけながら、「アメージングすぎるよ!これはMUMONとOKUNI、2人の次の人生を歌った歌じゃないのかい?きっと2017年、この地球のどこかで2人の生まれ変わりが幸せに生きてるんだよ!間違いないね!!DRUUUUUUUU!!!!」ってアルフレッドよろしくハンバーガー食べながら映画感想サイトに投稿してる。もうその域。そのレベルで、どう考えても無門のキャラソンでした、どうもありがとうございました。
歌詞良すぎて言葉にしたいんだけど、歌詞以上に良い言葉を持ち合わせてないからもう「いい」だけ言っておく。いい。本当いい。今年のジャニ楽曲ランキング一位です。いい。はぁー………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………
(ここまで一息)


NO2 Sugar

ファルセット相葉。(死因)

よくも嵐にこれだけ複雑に歌割りと音域を分けて歌わせたなあって震えた。ソロパートもワンフレーズだけでドラマできちゃうほど意味ありげな音と詩で出来てる。その中でも特に印象深かったところ。

▽相葉の歌う女性詞「いつかは2人も星屑になる」(ファルセット)の直後に、追い掛け畳み掛ける二宮「そんな駆け引きは月と太陽に任せて」



🌒        ☀️
   ⭐︎
      ⭐︎ ☁️
   ⭐︎


月と太陽になりました)

王道のにのあいは、星屑になるって言う役目は二宮、駆け引き否定して強引にする役目が相葉じゃぁん?????そう思いきや、まさかの逆ーーーーーーーーーーーーーーーー!!!!!!!!!!!!!!!!星屑になる相葉エッッッッッッッッッ












モーーーーーーーーーーーーーーーー!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!そしてそんなの任せちゃえってう二宮もう王子様ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーラブホリック禁じ得ないーーーーーーーー!!!!!!!!

にのあいはユニットをバスしすぎなのにここでそんなに畳み掛けとかにのあいオタは徳を積み過ぎでは?国の力が働いたレベルでは?ミサイル止めた?北国のスパイ捕まえた?アルマゲドンよろしく地球の危機救ったレベルだよこれ。ほんとおめでとう。ヱヴァの最終話できる。おめでとう。

▽櫻井「so gimme one more kiss」(低音)←most important

な、なんてことを櫻井さんに言わせてしまったんです…………??ガチガチ管理職のニュースキャスター兼アイドルの櫻井翔が「そーぎみわんもあきっす」だって……………わんもあって………………………………………

ーーーーーーー

日付が変わったばかりの火曜の深夜。都内でもハイクラスと格付けされるホテル群の一角。照明のスイッチ代わりであるカードキーを差し込まないせいで、街明かりだけが部屋の中を照らしている。重なり合っていた黒い影が二つに別れた。そのうちの一つの影が身動ぐ。薄明かりの中に見えた姿は黒地にストライプのスーツで、僅かなほつれや崩れもない。しかし、対照的に表情はひどいものだった。

ーーーーーーー

って前振りあったかな?ってくらい妄想が0.0000000000000001秒で駆け巡ってってたよワロ〜〜〜〜〜〜〜!!!!!!!!!!!!!!!腰どころか恥骨から神経抜けそう。世間の優等生キャラをこういう一瞬でぶち壊す夢を見させてくれる櫻井さん癇癪起こすレベルで好き。夢を見させてくれてサンキュ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

▽主旋智雅・下ハモ潤

高音であっまい声色の天然に隠し味スパイスの潤の声、マリアージュ極め過ぎて初見で全員歌ってるのかと思うくらいの厚みだった。このトリオでサビをぶつけてくるのほんと意外だったし、結果的に美しさの暴力でしかないな。
この曲は音源をMIXしたミキサーさんが有能なんだろうなって思った。誰かの声が大きいってことなく、混ざって1つに近い声で聞こえる。だからこそ、コンサート生歌だと良いな、音源とは異なった音量での声聞きたいなって思ったりもする。

しかしコンサート演出を考えた時、この曲、眼球足りないな?各々違うパートを追ってるからワンフレーズで見どころ3箇所くらい発生してて、どこ見て良いか分からなくない?お願いだからメインスクリーンはパラで写してほしい。流石の野鳥の会も追えない。


▽全員での「suger」
んも〜〜〜〜〜〜〜嵐って感じ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜ハァ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜^^^^^^^^^^

NO3  「未完」

🍊。サビの「RUN」×3のリズムが一瞬乱されるような、今までに感じたことのないテンポの違和感がストライク。それとアルバムタイトル「untitle」のリード曲として「「未完」」と名付けたのも超絶絶好エモ。「無題」なのはタイトルをつける域に達してない、すなわち「未完」というのを存在で示しているんだね。って思ってメイキングみたら自担がコンサートの最中でuntitleの「完成」を見られたら良い(ニュアンス)と発言してて、あれ???まさかの担当と解釈違いか??????????ってなったけど自我のないオタクだから、うん智の言う通りだね!ってすぐ解釈変えた。ちょろ〜〜〜〜〜〜〜!!!!!


NO4 I'll be there

これは世界観が性癖だから仕方ない。
と、いうか黒髪ストレートの貴族マサキが癖だから仕方ない。他のこともっと言いたいんだけどドュッドュッドュっていってるあらしかわいいかわいいしぬかわいい(語彙力)



NO5 夜の影

バズと悩んだけど夜の影が僅差で軍配。理由は、歌う3人がプライベートでも「夜の隙間に踊」ってそうでドチャクソ興奮するから。はいはい癖癖。
コンサートは静かにシンプルに踊ってくれそうだよね、握ったペンラが溶けるわ。この曲とバズはコンサートでの演出曲と予想してるので、聞いて楽しむのと見て楽しむ、どちらもできそう。ごぼう抜きで1位になる可能性もあるってことで期待。



以上、耳で聞いたuntitle感想。他も良い曲たくさんあったけど、どうしてもランク付けしないとって頭から絞り出した結果がこれ。あと少ししたらツアーも始まるから順位変動するようなツアーだったら良いなと期待しながら書き残したメモでした。おそまつ。