ARASHI Anniversary Tour 5×20(2019/4/18)感想

2019/4/18(木)18:00開演

東京ドーム

ARASHI Anniversary Tour 5×20

 

 

ーーーーー

 

休止発表後のコンサートは初めてで、「今日が人生で自担を見る最後の日になるかもしれないから、それでも悔いはないように姿を目に焼き付けておこう」と覚悟を決めてコンサートに行った。

 

んだけど、大野さんは休止中の自身のビジュアルキープの話をいつもの柔らかな雰囲気のままにしてるし、メンバーは休止のその先を見据えているような言葉ばかりで、休止を悲劇として語らなかったことが嵐らしくて。

 

休止前の最後の挨拶コンサートってよりも、不安を拭う変わらない5人の姿をこれからも見せ続けてくれると思えるようなコンサートだったように思う。あらゆる感情の中で楽しいが勝った。

 

一言で言うなら、コンサート楽しかった~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~……………………………………………………(大往生)

 

以下、コンサートの感想メモ。

思い出したら追記していく。

 

 

ーーー

 

  • (登場)
  • 感謝カンゲキ雨嵐
  • Oh!yeah!
  • Step and Go
  • 言葉よりも大切なもの
  • find the Answer

 

嵐の登場シーン、年を追うごとに神々しくなっていくな。今回のツアーはスワロフスキーを絢爛に飾り付けた緞帳とお衣装で、ライトが当たると光の粒が何倍もの大きさに変わって一斉に煌めく。その光の粒子を纏い降り、立つ姿はまさに御降臨。その際、翔くんのあの勝気な表情に「ああ、コンサートが始まった…」っていっつも実感する。改めて、本当に罪深い顔面。

 

調子はどうだ?のCRを嵐にするパターン良かった。視線がファンに向くことも有難いことだけど、一番はメンバー同士が楽しそうなことなので、この画が見られて本望だった。(この辺りでもう胸がいっぱいになってる)

 

後の挨拶で「さすが東京、レスポンスの圧がすごいわ」って言われてたけど、このレスポンスはファンにとっての感謝を伝える唯一の術みたいなところあるから…届いてるって言われるとちょっと涙ぐんじゃいますね……

 

このOP曲のどこかでバクステ行って5人並びした時、大野さんがマサキの腰にそっと手を当てて歌っていた後ろ姿を見て感極まったりしていた。こういう何気ない接触が普段の関係を垣間見てるようで脳裏に焼きつく。

 

 

ーーーーー

 

  • (挨拶)
  • (黒マサキ映像)

 

隣のマサキ担が失神してた。

マサキがメンバー4人を追い詰める、普段絶対にあり得ない関係性をここで演じた本作品、後世に語り継ぎたい。モノクロ映像でセリフもないのに、会話が聞こえてきそうだった。

 

夜。四方をコンクリートで囲まれ、天井からは満月が見える建物。(直島の地中美術館にあるオープンスカイを想像してくれれば)月明かりに照らされている5人。

 

35万円の(マサキ担が調べてた)背もたれが印象的な椅子に腰掛ける黒マサキが、机の縁を指でなぞると、その動きに合わせて靄をまとった影が生き物のように動き出し、そこにあった林檎を空間から消した。

それがスタートの合図となり、その場から走り出す他4人。

 

週刊少年ジャンプのアニメopの主人公みたいな走りをする翔くん(いつだかのauのモノクロcmを思い出した)、逃げることをゲームとして楽しむ笑みを浮かべるニノ(追い詰められゲームオーバーを察してりんごを齧ろうとした瞬間消えるの「らしさ」が過ぎる)、左右から影が迫り逃げ場をなくした時に目を瞑るまつ毛の影が美しく落ちるJ、隠れんぼ得意そうな大野さん。

いつもひょひょひょって笑うマサキが深い笑みを浮かべて4人を本気で追い詰めてるんですよ。オタクの夢じゃん。

あと、消えるっていっても服だけ残る不思議。りんご、椅子、木、肉体は消滅するけど、コンクリ、机、服は残るって何?

創作意欲が溢れ溢れ溢れ溢れしちゃうな。みんなこれで作品書いて(描いて)ほしい。

 

あと多分この曲だと思う。それぞれのピンショットでライトが真上から当たるんだけど、ニノが目元だけ影の落ちたあのまさに照明界で有名な「ゴッドファーザーライト」の完璧な再現にド興奮した。さすがアカデミー賞俳優としか言いようがない。ゴッドファーザー好きだからよだれぶちまけながら喜んでしまった。

 

初見の時に、影から逃げる姿を映像見て、ゲーム「ICO」を思い出してた。ヨルダが4人もいるの地獄でかつ楽園だな…

※黒い影からヨルダという名前の女の子の手を引いて古城から逃げる美しくも切ないps2のゲーム

 

 

 

ーーーーー

 

  • I'll be there

 

衣装がミルキィホームズ。それぞれカラーが異なっていて可愛い。マサキはロング丈のコートが多いね。分かる、分かるわ…脚が長いから…………生で見るマサキの足はアス比がバグってんからな……………………

 

前年のuntitledでは、アイルビはバキバキイケめてる衣装でバックスクリーンブチ抜きの「「「「これが嵐の格好の良さだぜ!!!!!」」」」を全てぶち込んだ演出だったから、今年は可愛いが凝縮されてた。毎年サイコーが更新されていく。生きるボジョレーヌーボー

 

 

ーーーーー

 

  • 迷宮ラブソング

 

おきまりの翔くん国民ファンサの「手を引くよ」の(2回目)で櫻葉が抱き合ってて、手を引く相手はファンじゃないんか~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~いって思ったりしたけど、翔くんマサキのこと頼んだわって気持ちの方が大きい。マサキのこと幸せにしてくれな…………

 

 

ーーーーー

 

  • La tormenta 2004

 

メンバーお名前を絶叫できる幸せプライスレスタイムなんだけど、普段おおちゃんなんて呼ばないから照れる~~~~~~~/////////

 

各メンバーコールの時にカメラでワンショットフェイスアップがモニターで映るんだけど、みんな可愛い系の顔してファンを殺しに来てた。かっこいいのは知ってるんだけど、可愛いに弱いからもうこのときこの1曲で5回死んだ。

 

翔くん、へそに貼ってるシール剥がすんですね。シールには「無」の文字。前半戦は剥がしてくれなかったからもどかしかったです。あとへそピアピールが終わった後に、シャツを仕舞う一連の動作、セクシーでした。

 

 

ーーーーー

 

 

前半戦で入らせて貰ってたから比較してしまうんですけど、翔くんのピアノ伴奏、進化し過ぎ。弾き方がめちゃくちゃピアニストだった。難易度上がってたし、聞き惚れてしまった。すでに惚れてるけど。最低音と最高音を拳で叩く翔くん、繊細そうに見えて無骨な表現してくれるところがツボです。

 

後のMCでマサキが「伴奏変わってたよねぇ?!」って言った流れから、マサキがコンサートをないがしろにしてるってくだり。

Jが相葉さん以外はコンサートを忘れたことない、大事に思ってる」って発言、みんながマサキで笑いを取ってる可愛いトークにデュフフってリアルで声出た。可愛い~~~~~~~もう可愛いしか感想が出ねえ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

 

ーーーーー

 

 

トーーーーーーーマーーーーーーーーーーーーーーーーー結婚して~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~…………………………

 

オタクあるある、モニターを見る癖があるから、生で踊る自担よりも雨でビシャビシャになりながらヒロインを抱きしめるトーマに目を奪われがち。

 

もちろん、最後のマイラブ離さないよでは無事に昇天しました。隣のマサキ担は膝から崩れ落ちてた。

 

 

ーーーーー

 

  • Believe
  • Lucky Man

 

座席がステージ真横でメインモニターが見えず、あの原色5人がふわんふわんと跳ねる映像のヤバさを伝えようとしたら「ヤク中患者視線のテレタビーズ」としか出てこなかった。

 

 

ーーーーー

 

  • 愛を叫べ

 

愛を叫べ、今までも好きで聞いていたけど、この日この場所で聞く

 

みんな大好きだぜ

幸せになってくれなきゃ困るぜ

 

が大野さんに重なってじんわりと心臓にキました。

 

衣装が変わってて、ジャケット下に着ている大野さんのアロハシャツの柄、サンセットカラーになってた。シャレオツなHPの背景みたいだった。15周年の泣いちゃったスペシャルなどを思い出したりした。

 

 

ーーーーー

 

  • 夏疾風
  • (MC)

 

スイーツ部解散発表する寸前の大野さんの顔、なんともやりきれない顔してて、心臓が凍った。あと数回やられたらマジで天国行っちゃうぞ♡

 

コンサートする大野さんのモチベーションはスイーツ部も大きかったと思ってたから、廃部って聞いてハアアアアアアア~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~????って声出たわ。活動が活発でないからケーキを用意しないって、私は何を免罪符にケーキを食べれば良いの?????????????

 

いつものケーキボックスにケーキがなかったって言い方が可愛いかった。いつものケーキボックス。いつも何入ってんのか楽しみにしてる大野さんとか可愛いが溢れちゃってるな。見にきてるんか。他のメンバーがガチ部活に勤しむ中、1人ケーキボックス覗いて食べてるとか大野さんに味覚を与えてくれた神様、本当にありがとうございました。

 

そして廃部を寂しいなんて思ってたら、マサキがプリン買ってきて優しすぎて泣いた。しかもプリンを家で?カットしてラップで個別に包み直して持ってきててこの人優しすぎて怖えって思った。

翔ニノが怖えって言ってたけど、マサキが衛生的に!って答えてて、マサキの家は無菌室なんだと察しました。

 

スイーツサークルに巻き込まれたニノがチーズケーキみたいだったって感想言った後で大野さんが小さく「美味しかった」だかなんだかをぽそっと呟いてるの聞いてこれだよこれこれ大野さんのぽそっと感想ウハァ~~~~~~~って絶叫した。この会話の後ろでぽそっと発言する大野さんマジ大野さんって感じで癖(へき)です。

 

最後ハケる時に「調子に乗りすぎました」って反省する顔してて、それも可愛かったです。もう可愛いしか感想出てこなくなってきたな。

 

爺孫が先にハケた後、翔くんがサークルに巻き込まれてマサキに「一回食べてよ!」って責められてて、俺は鍋部してコンサートやって、終わったらプロテイン飲むってルーティンがあるとか言ってたけど、おわっ、終わったら食べるよって言い訳がましいことをマサキに言ってた。結局のところ、マサキを甘やかす翔くんそういうとこだぞ。でもプリンがチーズケーキみたいなお味で、チーズケーキが好きな翔くんに食べさせたいってマサキに言われたらそりゃあ食べるよねうんうんうんうん…

 

コンサート開始5分前に「ゴリゴリのヒップホップ聞いてたときに…」って翔くんがゴリゴリって言ってて、根底はやっぱりゴリゴリなんだね、ゴリゴリたまんねえな、ゴリゴリゴリゴリ…

 

ステージ上で飲食は禁止だけどこっそり食べようとしてた嵐、55000人に見られててこっそりは厳しいと思う。プリンを食べさせられる翔くんすごい躊躇してえっらい厳しい顔してたんだけど、食べてみたらめちゃくちゃうめえって話してて、可愛かった。

翔くんのナマ飲食シーン、ありがとうございました。網膜に焼き付けました。一生忘れません。

 

お知らせの時に大野さんが「ベッドじゃなくてソファで寝ました(ふやぁ~~~~)」って言ってて、「そ、っそうですかぁ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~(昇天)」って身悶えました。ドーム全体がほっこりした瞬間でした。

 

2010年頃?だいぶ昔からソファ寝・床寝を嗜んでいたけれど今や聞かなくなり、ベッドで寝てるんだ、偉いな…なんて思っていたのでね。もう、はあ、言葉にならんわ、はあ。

 

 

ーーーーー

 

 

隣のマサキ担が、純白タキシードで指揮棒振るうJを見て「フィルハーマジックじゃん…………………………………………………………………………………………………………いやファンタジアか…………………………」っつってミッキーの真似し始めたのやべえやつが隣にいるわ…って思いつつも、フィルハーは納得した。

 

オーケストラ演奏音源化してくれんかな、特にCOOL&SOULの最初がCD音源そのままでオケ演奏かつ歌声が乗るの、最高に良かったんだよなあ。

 

この歳でこの歌詞を歌ってくれることで、今までの歴史をまざまざと見せつけてくれて、楽な道ではなかったとオタクに思わせてくれる曲だから余計に沁みた。この詩が出来てからだいぶ経つけど未だにアイドル大国だから、譲ったマイクはいつでも奪いに来て欲しい。

 

この曲、休止開けに歌ってほしい。休止開けに歌ってほしい。(言霊)

 

 

 

ーーーーー

 

 

ロダンス見るたびに大野さんは地上の人ではないな…………………………と思い浸ったりする。

 

正面で見てないから分からんのだけど、あの光の演出、格子だった?円形の格子を壊して4人に光を与えてた物語に見えたけど、どう?光を与える大野さんマジハァもう言葉が出ないわハァ~~~~~~~語彙力すーぐ無くなっちゃうね~~~~~~~ハァ~~~~~~~~~~~~~~………………………

 

 

ーーーーー

 

  • Face Down
  • つなぐ
  • Crazy Moon~キミ・ハ・ムテキ~
  • Sakura
  • truth

 

大野さんのダンス、死ぬほど見てきたけど、未だにこのシーンを伝える言葉が何一つ出てこなくて、書き記そうとするたびにもうほんともう語彙力のなさが辛え。

 

衣装の白→黒(赤)の振り幅でもうほぼ虫の息。ダンスしてる時のマジな顔、ギャップで人が死ぬよ…

 

あと大野メインのダンスメドレーだろうけど、それを踊るニノの色気覇気がもうドーム爆発すんじゃねえかってくらい凄くてカチキレそうになる。

ニノのダンスって重力に反して上半身のウェイトがあるから、身体を振ると動作が大きく見えるし、そのゆらぎと気だるそうな表情がすごくマッチしていて見てはいけないものを見ている気すらするし、カウントが早い箇所ではまくし立てるように動くから追い立てられているように感じるギャップがある。

あと、映画使用で髪が長めなので、顔にかかる前髪が表情を隠しているようで余計に目に入る。

確信的なことを全てやっているようなニノの見せ場でもあるなあ、なんてメロメロで見てた。

 

 

ーーーーー

 

  • (映像)

 

嵐が国家を設立する際のプレ映像みたいなのが流れる。住民票移動させて…

 

 

ーーーーー

 

  • A・RA・SHI
  • a Day in Our Life

 

あでいの爺孫は毎回恒例の爺孫なので、どんな爺孫でも爺孫が爺孫している時間がもう爺孫なので爺孫はもう概念。

これは私の彩度が強すぎる色眼鏡を掛けた視点だけど、大野さんを見る潤の目が優しいなんて思ったりしていた。ステゴで爺孫が向き合うときに、笑いあってて、Jの目が優しいのを見て死ぬほど胸が締め付けられた。Jの愛は直球で、第三者として見ている側に死ぬほど刺さる。仕事相手として、最も真逆であろう爺孫の2人が同じグループでこれだけ長い年月の間を共にして、好きだ嫌いだの概念を超えた関係なんだろうなと察してる。それに今やファンの前でこれ以上の人はいないと本人が感謝を伝えてること、これがファンは何より嬉しいし、救い。

 

 

ーーーーー

 

 

モンスターで待機してる大野さんの顔を見るのがコンサートのライフハックなんですが、だいたい「無の境地」にいらっしゃるのでオッフフフゥって気持ち悪い笑みがこぼれてしまいます。

 

 

ーーーーー

 

  • Troublemaker

 

ハートビート直後ににのあいがイチャつきだして何事かと思ったら、UBのコンテンポラリーダンスでした。

お互いに必死な顔してる(特にマサキが)けど、オタクとしてはいっそぐちゃぐちゃに崩れ落ちてほしかったりもするので微笑ましく見てました。

 

 

ーーーーー

 

 

GUTSでコンビになる櫻葉すぐ指繋ぐんだから~~~~~~~(昇天)

 

 

ーーーーー

 

  • 君のうた
  • (挨拶)

 

一番印象に残った挨拶はJだった。

「嵐が見たい景色がある、見せたい景色がある。みんなと同じ景色を見たい。」

 

それはファンにとっては何よりの言葉だったから、どうかずっとそう思い続けてほしい。と拍手しながら浸ってたら

同じ挨拶でテイク2を始めたJ、「置いていくぞ?」って言って反応待ちしてて、それがJらしくてもうモストオブエモかった。煽り方さすがMJだった。

 

「ヤダァ~~~~~~~~~~~~~~地の果てまで付いてく~~~~~~~」ってならざるを得なかった。

 

ニノの挨拶は仕事をする人間としてすごく響くことを言ってたので、わたしは年周期でこの挨拶を思い出してください。

嵐は、昇格して先輩グループになることもなく、ずっと変わらず嵐のままだと言ってた。多分、私を含めた多くの大人が変わる側だからニノが知人を例に出して「変化」を語っていたことが強く印象に残ったんだろう。

 

ディレクターがプロデューサーに変わった事を挙げていたけど、映像業界のこの役職の変更は生き方を変えるほど大きな意味を持っているから、それを感じ取る他業種のニノの目や思考を本当に尊敬する。

思いもしなかった選択も変化も不変も、それを全て知っている上でニノは嵐を続ける選択をしてるんだと気付かされた。

 

多くの視点で物事を見ているニノの言葉は的確に真実を酷なまでに語るときもあって、それでこそアイドルじゃなく人間味を強く感じるところ。そこに、改めて惹かれる。

 

あと、これも私の色眼鏡案件だけど今回の翔くんの挨拶がとても穏やかになっていた気がした。というか、今思い返すと昨年11月の頃の挨拶の翔くんの気魄が凄く強かった。

 

ファンは知ってると思うんだけど、と始まった挨拶

隣にある5という数字の意味

これからもそれは絶対に譲れない

語る言葉と言葉の間の長さ

表情

 

あの時はまだ休止を発表してはいなかったけど、この時点で翔くんは十分な言葉を話していたのかななんて、過去を結びつけるなんて意味なんて全くないけど、そう思いたくなったりした。

 

昔から何一つ不安にさせないように言葉を紡ぐ人の凄みを改めて今日知る。

 

大野さんは休止発表前も後も、挨拶のベースは変わらず「みんなのおかげで老けてない」なのにも気づいた。

 

 

 

 

 

休止発表後の今、お休み中も頑張ってビジュアルキープすんねって言ってて、そんなにラフに語ってくれんのほんとうにほんとうによかったんじゃあ~~~~~~~会見ときの大野さんの顔もう追い詰められすぎて死ぬんじゃねえかってこっちが死ぬかと思ったから、ほんとにファンの前で笑って休止のこと話してくれるのめちゃくちゃ嬉しくてドチャクソ泣きました~~~~~~~~~~~~~~はぁ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~もうずっと笑っててくれ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~(この日一番の感想)

 

 

 

 

 

ーーーーー

 

 

ここら辺のトゥモローソング(明日も頑張って生きていくぞい系の歌)でトドメを刺されて、心身ともに浄化された。

 

挨拶から既に号泣案件だったけど、エナソン聞いたらもう今日一番涙腺に来た。再始動までいつまでも待ってるから、みんな楽しい休止期間を送ってくれな……

 

ラブソー?で本ツアーメイキングがモニターに流れるの、前半戦に比べて素材すっごい増えてたよね?ずっと映像見ちゃった。休止会見時の裏側らしい5人、入浴シーン(2人と4人の2回ある)、番組収録中(VSとしむど?)、Jの保健室ベッドみたいなところでのおやすみ、大野さんのダンス練習汗びしゃびしゃ、打ち合わせ時のオフショット、各地区でのリハ様子、翔くんのloveポーチアピ、部活、当日撮影バスショットなどなど(ほぼ思い出せない)、もうフラッシュバック並みの早さで記憶しきれないんだけど、嵐だいたい笑っててこっちが泣けた。ラブソー2番までしかないからこれ以上メイキング増やせないのつらいな、5番くらいまで歌ってほしい。

 

最後はJの指先(大野さんが僅差でいつも負ける)を見送ってコンサート終了。多幸感の余韻がドーム全体に満ち溢れていて、嵐のこの締め方とても好きだ。

 

 

ーーーーー

 

心がこれほど清らかになるとは思ってなかった。何より安心した。不安をなくすほどの幸せを与えられたと感じた。2年後いなくなることは寂しいけど、なんだかひょっこりと戻ってきてくれそうだなんて思ったりした。

 

残り2年の日々も、各々の歩む時間も、休みを終えたいつかの未来でも、また夢を見せてくれたら嬉しい。本当に楽しかった。5人もそう思いながら最後まで無事に駆け抜けて欲しい。