事務所を こじらせて 死ぬ

なんとか 余生。

札幌初日「untitle」コンレポα

 

2017.11.17(金)

嵐 untitleツアー

コンサートレポ第4稿。

(後の公演レポの感想等を加筆してます)

 

 

 

00.開演前

メインステージ後ろにはとても大きなメインモニタ。開演前には10枚くらいの絵が映る。そのうちの1枚はメンバー1人の肖像画。一定時間経過後、映るメンバーが変わる仕組み。他の絵は弦楽器や楽譜、ショットバーのような場所の写真、高いタワーが映る夜景写真の写真。たまに音が鳴り出して写真が動く。開演前にはサブモニタに次回VSの予告が流れていた。大野さん誕生日前なので誕生日トークしててオタキュン。

 

 

01.Green Light

メインモニタの飾られていた絵が一斉に動き出すと同時に、手元の点灯していたライトが消える。久し振りの生自担。これ以降からMCまでのレポは真実半分妄想半分だと思って。

 

今回の登場は上から降りてくるタイプ。メインモニタはメンバー5ショットで表情がよく見えたんだけど、興奮極まっていてほぼ記憶がない。メンバー全員、キメッキメのノースマイルだったような。初日の緊張感を感じて、見ている私まで心臓早鐘。

 

 

02.I'll be there

メインモニタには貴族探偵OP調のMV。現場のリアルタイムカメラ映像とMVを上手いこと合わせて流してる。モニタじゃなくてアイドルの実体見てよ!って思うでしょうが、コンって最初の3曲くらい意識が飛んでいてそれが叶わない。私だってセンターマサキのこの曲好きで5人の可愛らしくも貴みのある姿を目に焼き付けたいけれど、天下のアイドル嵐の姿を生で見て落ち着いてられるほうがすごい。

 

 

03.風雲

黒赤カラー基調の色味と「涼しい顔じゃ張り合いがない」の歌詞通り、ギラギラ立てノリの嵐。会場のボルテージが最初からクライマックスになるのを体感した。コンで演出見て、株価急上昇した曲。

 

 

04.Attack it

予想よりも遥かに上回る前曲風雲の勢い。それに追い討ちをかけるこの選曲attack it。イントロが聞こえた瞬間、「嘘でしょ?」って思った。(2020年の20周年にまた聞けるかなとか思ってた。けど今年やってくれるなんて。20周年にするだろうなと思ってた事を潰していくから、何やってくれるのか楽しみでしかない)

普段高学歴アイドル顔の翔くんがここの「1 2 3 4 5人でガッツリ組んで進んでいくんで 貫通 あなたの心を…」ではギラギラ全開で観客を焚き付けてくる。現場限定の低沸点そうな姿、自担が翔くん以外であってもその時だけは翔くんに瞬間担降りするほどの衝撃。他担でこれなら櫻井担はこの短時間で逝って生まれ変わってくるレベルだと思った。不可抗力という言葉は翔くんの帝王感の為にある。まさに課金翔くんの極み。

 

残念なことに初日は、「外野の言葉をシカトする」の時の翔くんは顔アップにならなかった。毎回映像化の時にはの寄り目挑発フェイスは、確かにピンで抜かれたけど顔認識できる大きさじゃなかったはず。モニタで拝めなかった。収録の時はどうかお願いします総監督J。

 

 

05.挨拶

Jが挨拶で話す「俺らは今日のこの日を待ってたぞ。お前らはどうなんだ?」って煽り、死ぬほど好き。「私も死ぬほど待ってた」って会話をしてる気がしてこの時点で感が極まりすぎる。

 +札幌最終日、「札幌最後が寂しくて、今日オーラスで泣きそう」ってJが言ってたってレポ見た。Jが泣いてくれるってメンバーで1番胸に刺さる。Jが泣いてくれるなら私札幌に生まれ変わって東京に飛んで行きたい。何言ってるか分からないけど私も分かってない。

 

 

06.happiness

前半も前半、このタイミングで嵐の王道曲を組み込んでくる今回。(この後も嵐王道ソングが多く入る)潤は50,000人全員の幸せを考えてるんだろうなとセトリ振り返って感じた。嵐のコンサートは会員でも当たらないプレミアチケット。1人の名義が当選するのは、5年に一度もザラ。観客にとって、何度も聞き込んだ耳なじみのいい嵐の嵐らしい王道曲も聞きたい心境を汲み取ってのセトリなのかな。大勢の人間を一度に幸せにするセトリって至極しんどいこと考えてるなJ。選曲会議12時間って言ってたけど、納得。Jが楽しかったらいいんだけど。いろいろ試みるJが好きなので、ファンが見たいよりもJがやってみたい演出に特化したコンも見てみたかったりする。

 

 

07.UB

 

 

お揃いの服が全く異なった着こなしに見える2人、そのうちモデル仕事来てしまいそうだな。裸足でペタペタ歩み寄る姿に腰抜かすかと思った。2人並んだ時の何かが起こる予感しかしない姿から、2人組体操ダンスが始まった時の「目の前の出来事があまりに予想外過ぎて動揺困惑する」という会場の数万人単位のファンたちの空気を始めて体感した。笑って誤魔化すって本能的に起こり得るんだね。

 

最後に同じ方向を見て恋人繋ぎした手を掲げる2人はしっかりとメインモニタに抜かれるんだけど、その時のカメラがブレしていたことも相乗して、汗の滴る必死な顔の2人、見るのも憚られる領域の顔してたよ。ラピュタの飛行石を地下で初めて見たポムじいさんと同じ気持ちになった。「わしには強すぎる…」

 

 

08.Come Buck

 

今年は翔潤yearで、ハグとか頭ごりごりとかしちゃうんじゃないかと心配したけどなかった。オタクに媚びず、自身たちの関係性を絶対遵守コンビ。でも、にのあいを見て俺らも足絡ませたみたいなこと言ってて、触れる限界が足なの?ある意味、性癖ひねくれ過ぎでしょ?とか思った。ちなみに私この曲で野鳥の会してたんだけど足絡むとか全然見られてなかった。本当にあった?私の脳内HDD、フロッピー並みの容量だから、翔潤が同じ方向見て同じダンスしてる事でもうエラー出てたよ。

 

 

09.夜の影

最初にストリートダンスのワンシーンが入る。バッグのジュニア達に囲まれながら踊る大宮。恐らくJの出演時間稼ぎ?結構長いように感じた。3人揃って曲開始。

多分、大野担は最初で察したであろう事。「これが大野さん振付ダンス」。大野さんダンスって言葉で形容しにくいから記憶に残しにくい。大野担の私、本当にそれでいいのか?笑

 

カウントのない動きは予想が全くつかなくて、不意をつくようなステップはかろやかというより無重力。普段の猫背でおじいちゃんと形容される姿は別人だと思うほどに強くしなやかな動きをして。翔くんはラップでギラギラ本質を思い出させるように、自担はダンスでそれを思い出す。この曲もずっと野鳥の会で見てたんだけど、私の中であの曲の大野さんの姿を残す言葉にならないからもうつらい。オタクのジレンマ。

 

合間、末ズすっごい腰振ってたんだけど、予想外すぎる演出でありがとうございますってお礼が口から自動に出た。ニノがJに向き合って、観客に背を向けるってスタイル。Jは笑ってた。ニノの表情は見えなかったけど、Jが笑ってたならきっと笑ってたんじゃないかなニノだし。(末への絶対的な信頼)嵐は健全の極みだから、そして他のコンビではリアルみが過ぎてヲタ多分マジ失神しちゃうんだけど、末ズはみんな安らかに導いてもらえる感じある。しぇけでもそうだけど、神々が人間を真似して戯れてる感じって言えばいいのかな?ヤッダーアリガトーヤッダヤッダー(昇天)って感じ。大野さん、ここなんて振り付けたんだろう。Jが「大野さんカウントしないで振り写す。ウィーってやって、じゃじゃじゃって感じ(ニュアンス)」て言ってたけど、あの戯れタイムの発注が気になる。

 

 

10バズりnight

 

アキバ系オタクとガングロギャルが同時に楽しめる。笑える曲なんだろうけど、パージして肩出してる大野さんはそこいらのオフショルダー女子よりセクシーが馬鹿に漏れてて半裸より淫猥な感じしてたけどみんな生きてる?

 

物語はアキバ系オタクの3人のライン会話から始まる。ヤマンバギャルアイドルのコンサートを観に行く予定相談をオタ用語満載で繰り広げてて、あれ?私かな?同属かな?ってちょっと胸に刺さった。笑

私、櫻井氏タイプの分析型ヲタかな。相葉氏は挙動不審タイプヲタ。大野氏はマイペースなでンゴンゴ言ってて可愛かったンゴ~~~~~~~!!!!!ステージに出てきた姿はチェックシャツバンダナリュックのヲタ姿。翔くんのリュックに刺さってるポスターが自分のと大野さんのだったんだけど、レポ見漁ったらやたらポスター山レポ上がってて私ツイートしたかな?って思った。

 

歌詞で御意!御意!御意!のところは手のひらを拳で叩いて「なるほど」の意味のボディランゲージしてて、それ本当に御意した?ごもっともって分かってる?大丈夫?って思ったけどまあ可愛いから分かってなくても良い。

 

彼奴らは紛うこと無きヲタクなので、合間にサイリウムパフォーマンスが入る。観客ペンラ全消灯してメインステのメンバーのみ点灯。大野さんのサイリウムパフォ、動き滑らか綺麗過ぎて流星かと思った(モンペ)。サイリウム文字で「伝説」と出た後に、ライトアップするとオタクからやまんばギャル(格好だけでノーメイク)の3人。無表情でパラパラ踊る。リズムはナイトファイヤーと同じだった記憶が。バズリナーバズリナイナイがナイトッファイヤーでげんかーいが両手を肩前から大きく前に出すポーズだった。はず。

 

衣装はド派手なカラーのミニスカ。下からだとパンツ見えてる。腿毛がすごい。などと末に突っ込まれてた。モモゲゼンゼンミエナカッタケドクッソー!Jが妖精設定だったのに…みたいな事を言ってたから多分ヤマンバアイドルは3人の妖精理想像なのでは。たしかに翔くん山姥とティンカーベルの合いの子みたいだったよ。曲終わりに3人はズラ取って掃けてくんだけど、大野さんオフショル罪深過ぎるから。ちょっとだけ出てるってほうがセクシーなの狙ってるの?天然なの?女装あいかわらず可愛いね?肩冷やすと風邪ひいちゃうよ?暖かい場所行こうか?加護欲振り切れちゃいますげんかーーーーーーーーーーーーーい!!!!!!!!!!!

 

 

11.つなぐ

メインモニタには白い線で構成された2つの手とそこから伸びる糸。その糸の先、ステージ中央には大野さん1人。人形のように糸に操られて踊らされていたところで糸が断ち切られて曲スタート。もうね、さめざめと泣けた。操られながら踊るダンスに映画の忍びの国の物語を彷彿とさせたし、その糸が切られて自由の身になってつなぐが始まるとかもう、あれじゃん、好きなやつ、ほんと、ごめん、よかった、ありがとう、よかった、すき、はあ……ね………………………ああ、なんだか、衣装、超絶かっこよかった記憶があるんだけど、はあ………………………………………

(ここからMCまで胸いっぱいすぎてほぼ記憶が飛んでいる)

 

 

12.抱擁

これずるいやつ、左右にゆらゆら揺れる色気だだもれダンス、何がよかったか覚えてないんだけど、とりあえず映像化したらすぐに見たい曲NO1…………………

 

 

13.お気に召すまま

14.Better Sweet

15.GUES!

16.Doors

 

 

 

 

17.MC

意識回復した。

着替えるために先着替えと後着替えのグループをぐっとっぱーで決めようとする5人。

 

櫻「4:1になったらもう1回決め直そう、初日だし」

相「独りになるのビビッてんすか?」

櫻「(食い気味に)ビビッてねえし!!!!!!!!!」

 

男子高校生かと思ったら櫻葉。この日、DK櫻葉デーだったんだろうな。結局この日は末ズが残ってMC。ニノが「おじさんたち先にどうぞ」と言っておじさんたちがやいのやいの言うんだけど、「確かにもう本当におじさんだよね…」って言い去っていく36歳最年長。各自のお仕事情報案内、全員揃ってユニット曲の話。夜の影のフリ話もここでしてた。Jが飲んでる濃い橙色のドリンクはなんなんですか?

 

 

18.Suger

 

 

 

大野さんのSuger顔見られなかったウワァ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~(発狂)

気になった、というかニヤリとしたところ。翔くんのシュガーフェイスと緩く振る腰から顔にパンナップするJのカメラアングル(Jは別の曲だったかも)、まさにファン絶叫の悩殺ショットだったんだけど、初日でカメラアングル含めこれほど仕上げてきてるってことは、翔潤にとってオタ殺してやろうと思って仕込んだ渾身の一撃なのかな。私もう案の定脳みそッパーーーーーーーーーーーーーーーンってしたよ。

 

 

19.NOW or NEVER 

20.pray

 

21.光

修道院聖歌隊衣装のジュニア並べてラインダンス。メンバーは真っ白衣装だった気がするんだけど、記憶は曖昧。メインモニタには教会を思わせる縦に長いマリア像を模したデザインのステンドグラスが並ぶので、どう見ても天使にラブソングでした。賛美歌歌い上げる大野さん美しい以外の言葉が出てこない。いつも美しいけど。

 

22.君のために僕がいる

死ぬまでに生で聴きたい嵐曲でした。チェケラー聞いた時に「えっこのタイミング????!!???!?まだ死ぬ準備してなかったけど?????!!、????!???!?!ウッウワ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!」ってしてた。

 

お手振りしてる姿を見つめながら、可愛い頃?の5人の映像頭の中に流れてて多分よだれ出てた。20周年では踊ってほしい。このダンス超可愛いんだもん。あっでも20周年では今までの曲全て踊ってほしいや。

 

23.PIKA★★NCHI DOUBLE

24.ハダシの未来

25.believe

26.monster

27.A・RA・SHI

あっこの怒涛の流れ、もうコンサート終わるやつじゃんって盛り上がりながらも驚くくらい悲しくなった。

monster白目向いて泡吹いてたんだけど、同伴相葉担がmonsterの「君の叫びで僕が目覚める」で大野さん前に出てくるところを「歌舞伎みヤバくない?大野屋って感じ」って言うからアハタイム終了。笑

アラフェス来たのかな?ってセトリの印象。ただフルじゃなくてサビメドレーに近かった編曲。ARASHI終わると全消灯して会場無音。事故かな?ってレベルで音が消えたので、こんなに会場静かになるものなんだなとびっくりした。

 

 

28.Song for you

大野さんの声綺麗すぎて泣けた。歌上手いの知ってたし、この日の大野さんの声すっごい通るなあとずっと思ってたんだけど、組曲頭は次元が違った。あの瞬間の為だけに行ってよかったなと思った。

 

曲のイメージ通り、OPはウォルトデデニーのような映像。夜の空に5つの光が走る。相葉担はデデニーだァ…って呟いてて、私は銀河鉄道の夜だァ……って呟いてた。

歌割り同様、翔潤とにのあいで分かれる。案の定、自担に魂を、ど連れてかれてるので意識がほぼなかったんだけも、ダンスで見せるそれぞれのパート、エンターテイメントの極みだった。翔潤の手を握って踊るってところ見逃したんだけど、ここだけが心残りだから収録は8アングルくらいで見せてください。

 

 

29.「未完」

Song for youからの「未完」。これが今回のテーマの全てか、と思ってからはもう考えるのやめた。

 +札幌3日目。途中のラップに躓いたらしい翔くん。確かこの日、足攣ったって言ってた(@2017ベスア)し、モンブランを頑張って食べた影響が身体に出ちゃったのかしら…ラップ間違えるとかメディアに残らない課金翔くんだね。一度見て見たい。

 

 

30.カンパイ・ソング

暗転後、会場のペンラが巨大なスクリーンになって文字が流れる。「SAPPORO ARASHI」嵐コールも演出のうちですね総監督J。

 

センステ奈落から上がってくる5人は床に転がってる。ツアーシャツかと思ったら違った。スカジャンちっくなカラー衣装。色はメンバーカラーじゃなかった。胸にUTだったかな?そんなイニシャル入ってた。大宮はショート丈、マサキはロング丈。これ見た時、衣装さん分かりすぎでしょって思った。

 

タイトル通りお酒の席の歌なんだけど、CRがめっちゃ楽しい。コンサート終わった後、現実に帰るまでずっと口ずさむレベルで楽しい。それにカンパイバイバイって楽しいまま終わりを迎えるの幸せじゃん?バイバイって別れられるのオタクの幸せの極みじゃん?初日は、会場のファンの「(さっぱり終わった事に対して)ええええええええええ」のブーイングに戻ってきてくれたし、おかわり1回目は締まり悪いからもう1回!とカンパイソングのおかわり計2回あってもう泥酔状態。楽しく終われて最高だった。

あとこれJのすっごい好きなところなんだけど、捌ける時、最後ピースして降りてくじゃん。最後の指先まで残して帰ってくれるの好きなんだよね、なんだろ、姿よりも指先ってなんだかエモ感じない?私だけか?本当ありがとうございました。

 

 

++.曲不明のときめきメモリアルメモ

◻︎不動

ジュニア含めたバンド紹介の時、メンバーにライトが当たってないんだけど、大野さんずっとステージ見たままほぼ動いてなくて、あっ超大野さんって感じだった。

 

 

◻︎ファンサマシーン

大野さんのファンサ見てるの幸せの極み。トロッコの時、ずっと休みなしで狙い打ち殺してるよね。指差ししてて相手が分かってない時に身体屈めて?覗き込むようにして?指差し直すのあれズルすぎるよ。これ文章化してる私がタイムラグで今すごい心臓痛い。思い出しファンサで人殺せんじゃないの。忍びネタ多かったのかニンニンとか多かった印象。

 

 

◻︎大宮出てくるよ

ユニットで大宮SK出る?って話にニノが「出ないよ!出るなら自前のパンツ1枚で出るしかない。パンツ一枚でやったら捕まっちゃう」みたいな事言ってて、パンツ1枚より夜の影の方がエロテロリストで捕まっちゃうよ…って思ってた。

 

花道で大宮並んでて、ファンにファンサ振りまくニノに大野さんがアピールして狙い打ちお手振りファンサ貰ってたり、どこか忘れたけどふざけるニノに腕押しでツッコミ入れてる大野さんとか、ちょいちょいと大宮の変わらない関係性が垣間見れるの意地焼けるほど可愛い。

 

 

◻︎珍しく髪型乱れる大野さん

汗をかいても前髪が乱れないと大野さんですが、バズったお陰で前髪全開だった。金髪ツンツン時代を彷彿とさせる髪型に「ヴヴヴヴヴンンン~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ッッッッッッッッッッ」てなった。顔覆ったわ。

 

 

◻︎「嵐の皆さん見てますか?」

初日午後、末ズ2人が北海道TVを見てたらしい。番組では嵐コンサートにこれだけ人が集まってまーすみたいな内容でインタビュアが「嵐の皆さん見てますかー?」と言ってて、画面に向かって手を振ったとの事。この時の再現にの、両手で手を振ってなかった?可愛くて目眩した。

 

 

◻︎極端な櫻井さんの話

翔くんのビジネスを垣間見た話。ニノの紅白司会、嵐出演決定は公表されてたんだけど、翔くんは嵐出演は未発表情報だと思ってたらしく。「我々も声掛かると良いですね」と既に出演決まっててまだ発表できない情報を持ってるとき、そういう顔してんだぁ…………ってギュンとした。

もう出演情報発表されてると聞いて、解禁して良いのか曖昧な時は「全部言わない」って言ってて、器用なようでドが付くほどの極端なやり方するのギュンギュン。

 

 

◻︎圧巻演出ペンライト

初の遠隔操作ペンライト現場だった。50,000個のペンライトも演出になるんだね、想像以上に感動した。金で買える演出じゃないから、余計エモみ。気が抜けてる時にペンラ見つめてたんだけど光の点灯スピードとか調節すごい。銀河鉄道999の最終回を思い出させた。

 

 

◻︎曲と曲の合間に入るポエムタイム

 

自然の風景の中に老若男女のシルエットが行き来する映像の中に、シネマフォントでポエムが綴られる。それを5人がそれぞれ読み上げる演出。回数は4回くらいあったかな?そのうち3回はポジティブ詩。「一期一会の出会いが僕たちを…」みたいな内容だったけど、そのうちの1回(prayの前)は悲観的な詩だった記憶。prayの世界観に持っていく為の内容だったんだろうな。ポエムも相まってpray聞くの悲しくて死ぬかと思った。

 

 

□スイーツ部

+東京初日。櫻井さんがケーキを食べない(リハが長引いたため)ことを怒った大野さん。ごめん、明日2個食べるからという櫻井さんに、3つ食べて!と。

仕事で長引いたというのに、最初に「ごめん」って言える櫻井さんマジ良い男過ぎでは?という感想と大野さんを甘やかしてる櫻井さんンモォ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜(オタクの代わりに甘やかしてくれてありがとうございますの意)!!!!!!!!!!!!!!!!って感情でいっぱいいっぱいです。

 

 

 

 

ーーーーーーーーーー

3回寝る前に書き切りたかったコン感想。思い出したらこっそり追記するけど、一先ずは残さないと、と思ったことは残せたかな。

 

今回の名義、正真正銘私名義で当たったんだけど、よく考えたらFC入って初当選だよアハハハハハハハハハ?何年経ったかもう数えること辞めてたけど、生きてて良かった。

 

初日に入るの初体験で、普段はネタバレ見ていくタイプだから今回は新鮮なことばかりで面白かった。見逃したところもあるけれど、見られなかったからこそ妄想補完で生きていける気がする。でも翔潤はどうか余すところなく映像化お願いします後生です。

 

 

私の今年は終わったけど、ツアー自体はこれから来年頭まで続くロング公演なので、どうか無事に終わることを祈ってます。