事務所を こじらせて 死ぬ

なんとか 余生。

10年先まで余命が伸びたGR8EST in 台湾

◇初日からたった60日後

忘れもしない。今回のツアー初日の札幌。あまりの無防備な6人の姿に、見ているこちらが死ぬ思いをしたあの日。それから2ヶ月後の、初海外公演となった今回の台北(9/23)。2ヶ月は長かった。

 

今までの各地のコンサートレポを見ていると、少しずつ以前の姿を取り戻っていくように思えた。言い方を変えると、渋谷さんがいない関ジャニになっていった。良かったとも悪かったとも言えない。1人のファンとして今言えるのは、もうあれほどの辛さを二度と味わいたくない。今はこれだけ。

 

センチメンタリズムを感じずにはいられない導入部分になっているけど、すごく楽しい公演だった。日本に戻って来て現実を受け入れる気力/zeroのオタクがポツポツと呟く日記だからこんなことになっているけど、本当に台湾公演は最高だった。グッズは買えなくとも(悔しい)、23日しか入れなくとも(22日も入りたかったというオタクの湧き上がっては尽きない欲求)、本当にやってくれて良かった。

 

 

 

◇オタクの悪癖を遺憾無く発揮

人が悲観して物事を考える癖は、生き延びる為の本能が残っているからと聞いた。例えて言うと、水を飲みたいけど川に近付いたら水面下のワニに食われるかもしれない。そういった、先の危険を察知する防衛本能だと。

 

だから、台湾で村上さんを見た瞬間に

「ん???????ひなてゃ???????????体調大丈夫??????なんか元気なくない????????飛んでなくない?????まなじりいつもより下がってない?????????重めの前髪最高だね??????????寝てる?ご飯食べてる?水飲んでる??????????」

ってなるのも本能なんだろうか。

 

REMEMBER TOKYO 9/9。公演直後のレポ群が超不穏な空気で「ヒナちゃん大丈夫…?」のtweetがTLを埋めた時、割とガチで心臓が止まった。翌日のワイドショーでその瞬間の映像見たときは言葉を失った。ジャパニーズヲタクあるあるの過呼吸対処法「紙袋がないなら口でやれ」のジョークとか言われてたら多分その人のこと食べてたと思う。@初号機

 

それが最近の話だからか、実体を見るとどうしても心配が止まらない。元気だったにしても、ロースタートだったよね?気のせい?勘違いで、当人が元気なら良いんだけど、生きて笑っててくれればそれでいいから最高のファンサだから。

 

 

 

 

◇スキャンダルブーメランキル

歌は心境がまざまざと現れる。時として顔よりも。この日のりょぴぴの声色と薄っすら笑む顔が忘れられない。

 

この感想は私の見当違いの感想か、連日のスキャンダルのせいか、はたまた想像もつかないことがあったのかは分からないけど。

 

今までtornはそう言ったことに心揺さぶられない強さがあるかと勝手に思ってたけど、違うのかな。意外だった。

 

 

 

 

 

◇やしゅしゅが人間を辞めていく

※やしゅしゅが好きすぎて頭がおかしくなった人間の散文だということを踏まえてお読みください。

 

やしゅしゅが怖い。すばるくんが辞めることになった時のコメントが。6人の決意表明が。アイドルの模範解答過ぎて。ぶっ倒れて死にかけたことが大きく影響しているのだろうか。自分のすべきことがアイドルだと思ってるんだろうか。アイドルは仕事であって、やしゅしゅの人生はやしゅしゅのものだから仕事より自分のこと大事にしてほしい。生きる理由が他者じゃなくて絶対にやしゅしゅ本人であってほしい。

 

ステージで笑うやしゅしゅの笑顔があんまりにも綺麗過ぎて目が潰れそうだった。わたし鏡のときの表情が穏やかすぎて、死ぬとき迎えに来て欲しい顔面ナンバーワンだった。もう、なんだろ、やしゅしゅ見ると心がギュンってなる。久しぶりに正解が出ないやしゅしゅへの感想。

 

あっ、でも象で見下げながら舌舐めずりする安田御大は誰が見ても分かる、どエロ過ぎるやつでした。カメラずっとやしゅしゅのエロい顔ピンで抜いてたから、多分カメラさんやスイッチャーさんの気も狂わせてたんだろう。もう台湾抱いてた。分かってやってんだからもうほんとうにこういうところほんとうにもうはわわ…………………………

 

(台湾公演の会場スタッフって現地手配なのだろうか。カメラ技術が海外っぽかった。カメラを前後にガンガン振るところやスイッチャーのタイミングが。PAも普段聞く音と随分違った)

 

 

 

 

◇横山ギルティ裕

ananの顔でイツマイ歌ってんのやばくない???見てる側の気が動転したよね?その顔で?終日君で?????おー?????????????????????イッツマイソウル???????はあ???????ねえそれ本気で言ってる???????

 

ってずっと目が離せなかったTWL→イツマイ→好きやねんの流れ。バッキバキってよりは流れるようにスルスルと踊る姿とあの顔が相まって、性癖大爆発した。

 

客席にタオル投げるんだけどその直前、ちゃんとお顔拭いてから投げるのやばやばのやばじゃないですか。右側数メートル先にポイって捨てて、自身のダンスポジションで何もなかったような顔してほんでもってそんでまいどありって振り付けと行為があってなさすぎて目を開いたまま失神した。

ねえそれ本気でやってんの?ハァそうですか、ほんとあははハァ~~~~~~~もう死んでもいい………………………………………………………………………………(天を仰ぐ)

 

投げられたタオル、受け取った人はどうしてるのか。タオルでもやし培養して無心で食べ尽くしたい。

 

 

 

 

◇5メートルの自覚の芽生え

村上さんの謝謝の舞に関して。しぇしぇって言い方&あの3歳くらいの女の子バレリーナがやるようなポーズ。幼女とぶつかって中身入れ替わったの?やだっ、そしたら、この世のどこかに村上さんの姿をしたょぅι゛ょがいるってことじゃないですか…

 

なぐりがき踊った時も、最後のポーズ(足をサイドに伸ばしてるアレ)をとったままキープしてたり、その体躯を見せつけて頂けるのンッフフエヘエヘンフェンヘンヘンヘンヘンヘン…

 

あと体躯のフェチズムで言うと、前半戦、外周でスタッフから水ボトルを渡されてブッシャーって吸引したあとシャツめくり上げて口元拭いてたの、完全にラッキースケベでした。

 

 

 

◇丸ちゃんの台湾事変

日本で鉄板?の丸山すべり芸も台湾で大ウケしてたの、振興宗教って感じで楽しかった。現地言語ウケも相まってまさしく丸山教祖様だった。そりゃあ推しが自分の国の言葉を話してくれるって異国オタからしたら夢だよね。まるたゃもすんごい嬉しそうな顔しながら舞台下にはけてくの平和の極み。オタクは丸ちゃんの笑顔をいつまでも願ってるよって感じの空気だった。

 

そこからのNOROSHI。あんなに可愛い顔してたのに急に見せる本気の凶悪そうな顔、生きるドリーム小説なの本当にありがとう。私のこと早く##name1##って呼んでもらえますか。

 

あと横山さんがまるてゃの相槌担当で「ギャグ、練習したもんな」とかフォロー言うの個人的に昇天案件です。ここに、の特典でもまるてゃ対他メンバーの構図だったけど横山さん中立ポジションでコメントしてたの個人的に白目剥いてたんで。

 

 

 

 

◇村上さんの言ったじゃないか

1日目「うちわ買ってくれるって言ったじゃないか」

2日目「イフオアDVD買ってくれるって言ったじゃないか」

 

ヒナちゃん💜

うちわとDVD、買ったよ😃

うちわの笑顔ヒナちゃんも、可愛いね👌誰のこと考えてたのかな⁉️

大阪オーラスの連絡を、早く寄越すこと!

そうしないともう会いに行かないからね😡

次のおやすみはいつかな⁉️

太一くんと写真撮るときはタオルを取った方が俺は好みかな😘

また会いに行くね👋

 

※クソ客おじさん化

 

 

 

◇ロマネ

1番エモい。全員の顔がエモい。これ多分オタクのサガなんだろうけど、これを歌うメンバーを見るともう一度恋に落ちてしまう。振り付けが甘い。何か起こったらこれ踊って欲しい。単純だからすぐ好き…ってなる。

 

 

 

◇ズッコケ

横山リサイタルでした。

初日はすっ~~~~~~~~~~~~~~ごい照れ臭そうにメンバーに絡みながら前出て来てたのにィ~~~~~~~みんなにエエェ~~~~~~~???!!みたいな反応されてたのにィ~~~~~~~~~~~~~~台湾は羞恥心ゼロで~~~~~~~全開でブンブンしてて会場1つにしてて感動してしまった~~~~~~~~~~~~~~

 

こういう風に、公演を経ていく度に変化した姿を見せてくれるアイドルは、一緒に生きていけるなって思う。そういうところは王道な、ふぁいと、関ジャニ、無限大、エイト…………………………(横山さんを見ながらいろいろ耽ってしまう)

 

 

 

◇象歌ってた

私にとって関ジャニが歌う歌の中で1番好きな歌が象だったから。今回象のイントロが流れ出した瞬間、思わず泣きそうになってしまった。

 

泣きじゃくるようなメロディラインなのに、歌詞が真実を「僕」が「君」に伝えている応援じゃなくて肯定で。お互い泣きながらも力尽くして未来に向かっていけそうなの、まさしく、「わたしのかんがえるさいきょうのかんじゃに」。

 

いつか6人で歌うと思ってたけど早かった。今までは聞き手の胸に響く良い歌だって思ってたけど、今回はメンバーが歌詞の通りのことを思っててほしいなって願望。

 

「今でもこれからもだんだん君が素晴らしくなる。」

絶対なるよ、って思った。歌い手が変わっても、歌を聞けるのは幸せなのかもしれない。今は足りないと思ったことも10年後への変化の1つなのかなと。

公演終わってCD音源聴き直したときぼろ泣きした。

 

 

 

 

◇馬鹿になろうぜ

札幌公演の時、馬鹿になろうぜって言わなかったのドチャクソトラウマ案件だったので、今回台湾でMCコーナー中にカッコ可愛く宣言してたのにアァ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

 

 

◇10年後またここで会おうよ

歌詞通りの未来になってほしい。

10年後にまたこうして今より笑って成功を収めるために、今より更に遠くまで、より多くの人を魅了していってほしい。国内はもちろん、海外も公演を増やすほどにファンが増え、仕事の規模も更に大きくなり、かつて袂を別った人と同じ道に繋がり、今よりもっと笑っててほしい。

 

その日が来るまで、その姿を見ていたいと思った公演だった。